大きい男性器を持っている人と小さい男性器の人の違い

増大の悩みを抱えたあなたにピッタリの増大サプリが見つかる!
実際に飲んだおすすめ増大サプリをご紹介!

■男性器が小さい原因

男性器が大きい人と小さい人の違いはどこでうまれるのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

●そもそもの体質

男性器が短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここでいう体質というのは生まれたときから男性器サイズが決まっていると言うことではありません。

男性器の大きさがそもそも決まっているのではなくて、男性器の成長に欠かせない成分が体内で不足しがちになると言うことです。

背の高さのように、生まれ持った遺伝で男性器の大きさが決まっているわけではないので、男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することで、男性器は大きくなるんです。

●下半身の筋肉不足

おなかの下の方の筋肉が弱い人などが男性器が小さいと言われている原因は男性器につながっている筋肉が不足しているからです。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起状態というのは男性器を構成しているPC筋が緊張状態になることにより男性器が反り返ることにより勃起状態になります。

ここの筋肉が弱いと、男性器そのものも細くなり、勃起も力強く勃たなくなります。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことにより男性器の筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

●包茎である

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい子供の頃は亀頭に皮が被っているのは当たり前のことですが、思春期になって大人になるにつれて徐々に男性器の皮がむけていって、大人の男性器になっていきます。

包茎の人は大人になっても亀頭に皮が被ったままになり、勃起した状態であっても皮が被っている状態なのです。

ちなみに、仮性包茎というのは仮性という名の通り、普通の状態の時は皮が被っていて、勃起状態の時は全部向ける状態のことです。

真性包茎:通常時も勃起時も亀頭に皮がかぶってむけない状態。性行為が難しいこともあり、できれば手術で治したい状態

他にもカントン包茎というのもあってこの包茎というのは、亀頭の先端部分が狭くなっていて、亀頭を締め付ける状態になる包茎のことをいいます。

以上のように包茎というのはいろいろなタイプがありますが、どれにも共通していえることは、亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

亀頭に皮が被っている状態だと、亀頭や陰茎全体の成長を妨げてしまって、男性器増大にはマイナス要因になるのです。

包茎の男性器と正常な男性器では数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎が原因の場合は、包茎を治すことで男性器が大きくなる場合があります。